メニュー 閉じる

\山の下り汗冷え対策には○○/

「夏は汗冷えが困るよね」

お客様からよく聞く悩みです。

平地の暑さを逃れて山でヒルクライム。

上りで汗をいっぱいかいて、山を下る。

ベストを着たり、ウィンドブレカーを着たりと人それぞれ対策が異なります。

でも、携帯が面倒。

 

ウィンドブレーカーを携帯する手間から解放される

そんな時に役立つのが、ウール。

ウールは汗をかいたときは、気化熱の効果でカラダを冷やし、身体が冷えてきたら体を温める機能があります。

1枚で両方の機能を発揮できます。

 

ウール・ベースレイヤーの威力

例えば、

ベースレイヤーをウール。

「メリノ ベースレイヤー / Merino Base Layer Spring-Summer 2017」

薄いウールなので着心地もいいです。

メリノ ベースレイヤー / Merino Base Layer Spring-Summer 2017

 

ジャージをウール系のものにする選択

最近のウールジャージは、見た目はクラシックながら最新のスポーツウール繊維を用いているので機能は最新です。

ウールと化繊のいいとこどりがスポーツウールの利点です。

デマルキ 1953 イタリア ジャージ / De Marchi ITALIA 1953 JERSEY

 

よりウールを追及したい方には

より確かめたいツワモノの方ははウールショーツを(笑)

こちらも見た目はクラシック中身は最新のスポーツウールです。

デマルキ  ウールショーツ / De Marchi WOOL SHORT

 

カラダへのダメージは小さく

スマートに夏のサイクリングを愉しんでください。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です