メニュー 閉じる

WOOLなら夏も快適に過ごせる No.5

details_P_20160812_130311_BF_2016-08-12 17-04-04 details_P_20160812_125827_BF_2016-08-12 17-04-41

体温調整をしてくれるウールの実力

ウール素材には、体温を一定に保とうとする温度調整機能があります。

暑く湿ったコンディションではウール素材は体温よりも低い温度を保とうとします。

寒いコンディションでは外気よりも高い温度を保とうとします。

いずれも体から発散された汗を利用しています。

熱力学を実用化した天然素材なんですね。

今回の気象条件

Screenshot_2016-08-12-17-50-37

  • 最高気温 40℃
  • 平均気温 34℃
  • 天気 快晴

走行概要

Screenshot_2016-08-12-17-50-15

  • 距離36.94km
  • 時間1:59:01
  • 平均速度18.6kph
  • カロリー1,153kcal
  • 高度上昇542m

結果 楽勝~♪

details_P_20160812_133113_2016-08-12 17-02-14

辛かったのか楽勝だったのか、

体を張って体験した結果は楽勝でした♪

全身ウールで臨んだ今回のテストですが、

気温が41℃まであがる中での約2時間のサイクリングで、

水の消費量は400ml程度でした。

暑さに対するウールの威力は予想以上にあるようです。

そして今回、ついにウールタイツが登場します。

ショーツではなく、タイツです。

すれ違ったサイクリストには「この暑い日に一体何を血迷ったのか」と思われていたかも知れません。

しかし、むしろこれが良かったように思います。

前回とほぼ同様の気温条件ですが、あきらかに水分摂取量が減りました。

足全体が冷やされたことによるものと思われます。

氷点下2℃~41℃まで使えたウール・タイツ

fw15_allenamento_merino_tight heritage_fw15merinotights1121_details_04 heritage_fw15merinotights1121_details_02
De Marchi ALLENAMENTO MERINO TIGHT

このウールタイツですが、冬の富士山・河口湖をサイクリングしたときにも使用したものです。

その時の最低気温は氷点下2℃!

今回の最高気温は40℃!

その差42℃もありますがいずれも快適に使用することができました。

最新・最先端素材のビブショーツとウールタイツを比較

PERFECTO_LUX_BIB_FRONT_SS16 PERFECTO_LUX_BIB_BACK_SS16
イノベーション・ラインとの比較

デマルキのイノベーション・ラインとウールタイツの比較です。

イノベーション・ラインの優れた点

イノベーション・ラインは最新・最先端技術をもちいて製造された機能性ウェアのシリーズです。

そのため、通気性による涼しさはイノベーション・ラインの方がウールタイツよりも優れています。

また、素材がウールよりも断然薄いため、重量面でもイノベーション・ラインに分があります。

これはヒルクライムレースを戦う上では大きなメリットです。

さらには、立体縫製によるフィット感やストレッチ素材による快適性など、様々な点でイノベーション・ラインが優れています。

では、ウールに優れた点がないかというとそんなことはありません。

ウール素材の優れた点

details_P_20160812_132523_BF_2016-08-12 17-02-30

まず、肌触りの良さはウールに分があります。

上質なウールには、特有のソフトな肌触りがあります。

イノベーション・ラインには出せない独特の心地よさが得られます。

また、汗冷えを起こしにくいのもウールのメリットです。

これは特に長い下りで重宝します。

7月8月の暑さであれば長い下りであったとしても体が冷え切るということはないでしょうが、

9月10月になれば状況は変わりますよね。

また、寒暖差の大きな日や天候の変化が激しい日にも、

幅広い温度帯に対応しているウールにメリットがあります。

イノベーション・ラインとウールウェアにはそれぞれ一長一短があります。

サイクリングの目的にあわせて使い分けるのがよいでしょう。

前回・前々回の記事はこちら

再び、「冬暖かく夏涼しい」といわれているウールの涼しさを確かめてみました。

前回までの様子はこちら。

http://kyoto-maeda.com/?p=14786

全身ウールでテスト実施「ウールは本当に涼しい!」No.3 24~34℃

 

チューブラー・ニット 「ウールは本当に涼しい!」 実走テストNo.2 24~32℃

「真夏でもウールを楽しむ贅沢を」 実走テストNo.1 24~27℃

 

着用したサイクルウェア

デマルキ 4シーズン スポーツウール ジャージ 2016春夏モデル / De Marchi 4 Season Sportwool Jersey SPRING-SUMMER 2016

4_SEASON_SPORTWOOL_JERSEY_F_SS16 details_P_20160812_125820_BF_2016-08-12 17-04-45

定価: ¥23,760(税込)

デマルキ  アッレナメントメリノタイツ / De Marchi ALLENAMENTO MERINO TIGHT

fw15_allenamento_merino_tightdetails_P_20160812_132523_BF_2016-08-12 17-02-30

定価: ¥26,000 (税込 ¥28,080)

デマルキ 4シーズン アーム スクリーン 2016春夏モデル / De Marchi 4-Season Arm Screens SPRING-SUMMER 2016

ss16_4season_arm_screen_woman_01

定価: ¥8,640(税込)

デマルキ  レザーグローブ / De Marchi FINGERLESS LEATHER GLOVES

heritage_leather-gloves

定価: ¥18,000 (税込 ¥19,440)

デマルキ プロ キャップ 2016春夏モデル / De Marchi Pro Cap SPRING-SUMMER 2016

PRO_CAP_BLACK_SS16

定価: ¥5,400(税込)

 

デマルキ クラシック メリノ ソックス / De Marchi Classic Merino Socks

details_classic_merino_sock

定価: ¥3,500 (税込 ¥3,780)

 

2件のコメント

  1. ピンバック:【今週のご案内】8月15日(月)~21日(日)夏期休業 22(月)より通常営業を再開 – 最高品質 サイクルウェア デマルキ イタリア製

  2. ピンバック:WOOL MASTER 猛暑日こそウールで快適に No.6 – 最高品質 サイクルウェア デマルキ イタリア製

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です