メニュー 閉じる

サイズ情報 身長175㎝、体重80kg、胸囲98㎝、胴囲88cm、上腕周囲32㎝、大腿周囲58㎝

鍛え抜かれた美しい逆三角形

blog_image1 blog_image2

ラグビー、柔道経験者で、マッチョ体型です

身長175㎝、

体重80kg、

胸囲98㎝、

胴囲88cm、

上腕周囲32㎝、

大腿周囲58㎝

着用サイズ 上下L

blog_image9 blog_image8

一般的な日本人体形の場合、身長175㎝ならMサイズが最適ですが、

今回モデルになって下さったお客様は柔道・ラグビー経験者です。

胸囲・上腕周囲の太さを基準にする必要があります。

あと、水泳経験者にも同じことが言えます。

アイテムごとのサイズ感

ここからはデマルキ製品のサイズに関する基本情報を説明します。

コルサ・EVO・ジャージのサイズ感

デマルキ コルサ エボ ジャージ / De Marchi Corsa Evo Jersey SPRING-SUMMER 2016

CORSA_EVO_JERSEY_FRONT_SS16

¥15,000(税込 ¥16,200)

コルサ・EVO・ジャージの特長について、まずこちらのスターレートをご覧ください。

立体縫製 ★★★☆☆
伸縮性 ★★☆☆☆
素材感 ★★★★★
軽量性 ★★★★☆

CORSAJERSEY_B_BLUe4

ドレスから切り取ってきたかのような光沢のある上質な生地が特徴であるコルサ・EVO・ジャージは、

そのスタイルの半面ストレッチ性が他のDe Marchi製品と比較し劣ります。

また、生地をゆったりと波打たせるように着ると生地の艶や凹凸感を綺麗に見せることができます。

そのため、デマルキ京都店のお客様がコルサ・EVO・ジャージのサイズで迷われたときは、ややゆったり目のサイズの購入をお勧めしています。

ストレッチ性が高いDe Marchiのジャージ

blog_Perfecta_Lux_Jersey_114_M_COLNero_G_1_ss16_polo SUPERLEGGERA_JERSEY_FRONT_SS16 LEGGERA_JERSEY_FRONT_BLUE_SS164_SEASON_SPORTWOOL_JERSEY_F2_SS16

これらは、とにもかくにも身体にフィットさせるのが理想的です。

思い切って小さめを選びましょう。

コルサ・EVO・ジャージのサイズがLなら、MかSを選ぶことをお勧めします。

ストレッチ性以外を重視しているDe Marchiのジャージ

CORSA_EVO_JERSEY_FRONT_SS16ss16_windjersey_02 SPORTWOOL_IBRIDA_JERSEY_FRONT_SS16

これらは、ややゆったりと着こなすのが理想的。

コルサ・EVO・ジャージは生地の特長をいかしてドレッシーに着こなす観点からゆったり目がお勧めです。

ウィンド・ジャージは前面に防風パネルが配置された春・秋用モデルなので、ベースレイヤーとの重ね着を考慮し、ゆったり目がお勧めです。

スポーツウール・ハイブリッド・ジャージは、コルサ・EVO・ジャージと同様に生地に特徴があるジャージです。こちらもゆったり目がお勧めの着こなしです。

ビブショーツのサイズ感

LEGGERO BIB SHORT / レジェロ ビブ ショーツ

set_leggerajersey_L_gray_08

定価: ¥17,280(税込)

ビブショーツのサイズ設計は、全モデル共通です。

そのため、一つ合うサイズを見つければあとは迷うことはありません。

デマルキのビブショーツには、サイテック社製のグレードの高いパッドが使われています。

そのパッドの性能を最大限に引き出すことを重視してサイズ選択することをお勧めします。

つまり、ビブ(肩紐)によってしっかりとパッドがお尻に当てられているか、を重要な選択基準としてください。

しかし、モデルごとにコンセプトがあり、それによって履き心地はかわります。

パフォーマンス向上をコンセプトとするモデルの場合、タイトな履き心地になるので、それが苦手ならワンサイズ大き目という選択もいいでしょう。

実際に、お客様の中には、

2016パーフェクトLUXビブショーツはMサイズ、

2016クラシコ・ビブショーツはSサイズという方がおられます。

De Marchiのビブショーツは設計思想にあわせて使い分けるのがポイント

デマルキのビブショーツは大きく分けると2種類あり、2016年はさらに2モデル細分化されます。

2016

ビブショーツ

パフォーマンス重視 PERFECTO_LUX_BIB_FRONT_SS16パーフェクトLUXビブショーツ 技術・素材などあらゆる面で最新・最先端を追求したビブショーツ。
VELOCE_BIB_FRONT_SS16ヴェローチェ・ビブショーツ 上質な生地とコンプレッション機能に重点をおいたパフォーマンス重視のビブショーツ
履き心地重視 LEGGERO_BIB_FRONT_SS16レジェロ・ビブショーツ 軽量化を追求したビブショーツ。薄手の生地に専用パッドを採用。
CLASSICO_BIB_FRONT_SS16クラシコ・ビブショーツ  パッドはヴェローチェ・ビブショーツと同一、生地はレジェロ・ビブショーツとほぼ共通。

2016年の上位2モデルにはコンプレッション機能があり、同じサイズでもタイトなフィット感が得られます。

下位2モデルには、まるで何もはいていないかのような履き心地の軽さがあります。

その中でレジェロ・ビブショーツは、軽量化がコンセプトです。

そこには重量面での軽さだけでなく、履き心地の軽さも含まれます。

パッドにも軽量性を特長とするものを採用しています。

とにかく軽いことがレジェロ・ビブショーツの特長です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です