メニュー 閉じる

イタリア人のサイズ感って!?日本人にも参考になる伊アパレルの着こなしのヒント

「イタリア人は、どんなに大きい人でもSサイズを好む」

これは、イタリア人らしいサイズ感の逸話です。

ある方がイタリア人から「日本でSサイズのTシャツを買ってきてほしい。」と頼まれました。

「Sサイズでは小さいと思うよ」とアドバイスしたところ、頼んだ本人は「いや、Sサイズ」と頑なにSサイズに拘るようす。

頼まれた方は「明らかに小さいのに・・・。」と思ったものの、「なぜ小さ目のサイズに拘るの?」と聞いたところ「カラダにピタっ!とフィットした方がかっこいいじゃないか!」という返答でした。

確かに、イタリア人はピタピタのサイズを着て、カラダのシルエットを出しますよね。

さすが、洋服の国のイタリアです。

オーダースーツが当たり前だった時代があり、立体縫製やサイズ感を最も大事にしているのですよね。

自分のカラダのシルエットを最大限に美しく見せる術(すべ)を身に着けているのです。

それに引き換え、日本人は着物文化でしたから、どちらかというと体形を隠す文化です。

シルエットを出して表現することに慣れていません。

あえて大きめのサイズのものを選んで体形を隠そうとしてしまいます。

しかし残念ながらサイクルウェアはワンサイズ大きめにすることで不格好になり、太って見えてしまいます。

そのうえ、老けて見えがち。

もったいないですよね。

イタリア人のサイズ感を参考にして、タイトフィットに着てみてはいかがでしょうか。

背筋も伸びて、姿勢がよくなり、若々しく見えます。

お腹も引っ込める意識も働きます。

あなた自身が持っているシルエットの美しさに気づくかもしれませんよ♪

1 Comment

  1. ピンバック:【今週のご案内】6月20日(月)~6月26日(日) – イタリア名門メーカー専門店blog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です